2009年02月16日

雑誌 恐るべし

前回は ブログ記事を書く方法というか

書くための 考え方を 簡単に ホント簡単に 言いました

その中で " 本屋さん " という キーワードを出しました

" 本屋さん恐るべし " とも書きました


今は インターネットで 何でも買える時代です

当然 本も しかりです

でも 検索しなければ いけません いきなりヒットすれば

いいですが あなたも 経験あると思いますが

ヒットしないですよね

よっぽど 詳しい人でないとできないですよね

あったまきますよね


だから たまには 散歩がてら 本屋さんに言ってみてください


あなたの コンテンツ作成に関係した ノウハウ書を探したり

するのもいいですし

関係のない本を見て 頭をやわらかくするのもいいんじゃないですか


でも 私が あなたに 本屋さんに行くように進める理由は

実は そこではないんです


雑誌コーナーに行ってほしいんです

「 何で 雑誌コーナーなんだ 」って思ったでしょう

では 逆に質問です

「 何で 雑誌を 出版社は 発行しているんでしょうか ? 」

Can Canだとかのファッション雑誌や パソコン雑誌 スポーツ雑誌

マニアックなところでは 鉄道マニアとか


普通の人なら 興味ないですよね 鉄道マニアって

でも 出てるんですよね 毎週か 毎月 必ず ず〜っと

他にも 「 何で こんな雑誌 出てるんだ ? 」ってなのがあるでしょう



では なぜか

「 その雑誌が 売れるからじゃないの 」って

言う意見がきこえてきました


正解です 売れるからです


なので あなたは 雑誌コーナーに行けば 今売れるものの情報が

簡単に手に入るというわけです

「 今こんなの売れてんだ へ〜 」ってな感じでしょうか

でも それだけじゃないんです

本当は これが 一番重要なんじゃないかと思うんですが

雑誌って 広告で成り立っているんですよ

よく見れば わかると思いますが 広告のかたまりなんですよ

広告あるところ = お金のニオイ

そのニオイを嗅ぎ分ける能力を身につけるには

本屋さんの雑誌コーナーは うってつけの練習場です


人気ブログランキングへ


タグ:広告
posted by tora1 at 22:19| Comment(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。